怖い隣人トラブル(暴力・暴言・チンピラ・ヤンキー)

隣人トラブルの怖い(暴力・暴言・チンピラ・ヤンキー)について

隣人トラブルでは隣に住んでいる人が迷惑だけど、ヤンキー風で怖いといった相談を寄せる方がいます。テレビや音楽、騒ぎ声、この他にもバイクや自動車のエンジン音、喧嘩をする声やベランダから漂うタバコやゴミの臭い、飼っているペットのことやゴミ出しルールを守らない、駐車場をきちんと使わないなど実例をあげればきりがありません。

 

上記のような隣人トラブルはよくありますが、相手がチンピラみたいなので怖いと注意できない人はかなり多いです。アパートやマンションの大家や管理人にクレームを入れると、お前が苦情を入れたんだろうと怒鳴り込みをされてしまったという方もいます。暴力暴言を受けてしまうのが怖くて迷惑だと思っているのに我慢していると、徐々に行為がエスカレートしてしまい引越しすることにしたというケースも少なくありません。

 

たとえば実際に暴力を受けた場合は警察に被害届を出すことが可能です。この他にも土下座を強要されたり、金銭を求められた場合は強要罪、恐喝罪として罪に問うことができます。馬鹿にされたりした場合は侮辱や名誉棄損として扱うこともできます。このような怖い人に目をつけられているという隣人トラブルについては法律に関する知識をつけたり、また法律の専門家を味方につけサポートを受けることで対策や予防をすることができます。

 

相手に迷惑行為を止めて欲しいと伝えると中には証拠を出せと言われてしまうこともあります。そのようなときには探偵事務所などを頼り、証拠集めをしてもらうことも効果的です。悪質な行為について法的措置を考える方は弁護士などを紹介してもらうこともできるので、一度アドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

 

⇒隣人トラブル対策で選ばれる探偵・興信所相談窓口