隣人トラブル嫌がらせ(言いがかり・クレーマー・噂)

隣人トラブルの嫌がらせ(言いがかり・クレーマー・噂)について

隣人トラブルの中でも耐えがたいのが人間関係を悪化させる嫌がらせです。特に多いのがママ友や主婦同士による悪口です。たとえば一度ランチの誘いを断ったら次から仲間はずれにされてしまった、不倫や浮気をしているなど噂話をされてしまったという方もいます。相手に迷惑だと伝えたことがきっかけで、保育園や幼稚園、学校の保護者グループから孤立してしまう人も多いです。

 

この他ですと隣人からいちいち行動をチェックされて干渉されてしまう、一度おすそ分けをすると宅配便が届くたびに分けてと言われる、洗濯物、ゴミ袋の中身、ポストの郵便物などをチェックされる、部屋を覗かれるなどのプライバシーの侵害を受けている方もいます。

 

隣人トラブルでも多いのが騒音ですが、隣室がうるさいからと苦情を入れることにより、逆にあの人はクレーマーだと言いがかりをつけられてしまうこともよくあります。このようなときはどんな迷惑行為を受けているのか証拠を収集して、管理会社に嫌がらせされていることを把握してもらわなくてはいけません。相手の方が上手だと、証拠が無いからと管理人が取り合ってくれず、最終的に泣き寝入りをして引越しをしてしまう方もいます。

 

自分一人では対処できない嫌がらせについては、まず第三者を味方につけることが大切です。うわさがあまりにも悪質な場合は侮辱や名誉棄損として被害を届出することも考えてください。証拠収集については探偵事務所を利用する方も多くなっています。法的手段を検討する場合は弁護士の紹介を受けることもできるので、隣人トラブルの悩みを抱えている方は一度アドバイスを受けてみることをおすすめします。

 

⇒隣人トラブル対策で選ばれる探偵・興信所相談窓口