隣人トラブルの中国人(外国人など)

隣人トラブルの中国人(外国人など)について

アパートの隣室に中国人が引越しをしてきてから揉め事に巻き込まれてしまう方は少なくありません。外国人には文化や生活環境の違いからどうしてそんなことをするのと驚かされることがよくあります。もちろんすべての外人さんが迷惑行為を行うわけではありませんが、やはり習慣の違いにより迷惑だと感じてしまうことは多いです。

 

実際に相談されている隣人トラブルでは、生活リズムが違うのだから夜は静かにしてほしいと話をしたものの、中国人の声はとても大きくいつも怒鳴っているように感じてしまい怖い、また日本語が片言なので意思疎通が難しくなかなか話し合いができないということがよくあります。大家さんや管理人に相談しても家賃を払ってもらっている分なかなか追い出すことができないと言われてしまうことも多いです。

 

騒ぎ声以外の隣人トラブルでは衛生面に不安を感じる方も多くなっています。特に飼っている犬や猫のフンの始末をしてくれない、また放し飼いにしているので困っている方は多いです。ベランダに汚水を流すので悪臭がする、ペットの糞尿、また生ごみなどを放置するので不衛生になっていることもよくあります。また隣人トラブルでは中国人だけでなく、韓国人やインド人とのトラブルもあります。その中でも料理の香辛料の臭いがキツイといった相談は多く、カレーやスパイスの匂いが毎日室内に充満する、壁紙やカーテン、衣類にニオイがついてしまって取れないケースもあります。

 

海外の人とは多少の文化の違いはあるものですが、平穏な日常生活が脅かされるのはとてもストレスが溜まってしまうものです。管理会社に相談をしても対応してくれないという方は泣き寝入りをする前に、どんな対策が取れるのか第三者にアドバイスを受けてみてくださいね。

 

隣人 トラブル